青森のニュース

<とうほくドローンeye>つがる・竜を模した千本鳥居/朱をくぐり力もらう

 日本海を望む谷間の中を左右に大きくうねる様子は、さながら竜。青森県の津軽半島にある高山稲荷神社の「千本鳥居」は、202本の鳥居が立ち並ぶ。
 「末社の龍神宮へと続いているので、朱色の竜の形に見えるよう並べました」と話すのは権禰宜(ごんねぎ)の工藤浩平さん(53)。どうして、こんなに増えたのか?
 40年前、稲荷神社の畑を借りていた地元の人が御礼に奉納したのが始まり。神社を敬う人たちが次々と寄進し、長く長く延びていく。約300メートルも連なる鳥居の列はまさにパワースポット。くぐって歩みを進めるうちに、身を清められた気分になる。
 太陽が海に傾き、木漏れ日のような光に包まれたとき、津軽の秋空に無数のトンボが飛び交っていた。
(写真部・庄子徳通、小林一成)
    ◇      ◇
 思いのままに空を舞って大地や海を見渡したら、どんなに楽しいだろう。そんな見果てぬ夢をかなえてくれるドローン(小型無人機)と共に、東北のあちこちを旅してみた。

▽動画ページはこちら
https://www.kahoku.co.jp/movie/


関連ページ: 青森 社会

2018年10月01日月曜日


先頭に戻る