宮城のニュース

出荷制限キノコをネットオークションに 宮城の女性、制限中と知らず出品

 宮城県は1日、東京電力福島第1原発事故の影響で国が出荷制限を指示している同県村田町産の野生キノコが、インターネットオークションに出品されていたと発表した。県は出品した角田市の女性に廃棄を求め、口頭で注意した。
 女性は9月24日、家族が同町の山中で採取したコウタケ約1.5キロを出品した。出荷制限中と知らなかったという。
 500グラム落札した横浜市の男性から同28日、「国の基準値を超える放射性物質が検出された」との情報が県に寄せられた。角田市が女性宅にあったコウタケを検査したところ、国の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超える2000ベクレルの放射性セシウムが検出された。
 女性は残りの出品を取り下げている。県は近く落札した男性からコウタケの提供を受けて検査する予定。村田町産の野生キノコは2016年9月から出荷制限が継続している。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月02日火曜日


先頭に戻る