青森のニュース

<ノーベル賞>弘前大学長「栄えある賞を心からお祝い」 本庶氏が客員教授務める

 ノーベル医学生理学賞が決定した本庶京都大特別教授は、かつて弘前大医学部の客員教授も務めていた。同大の佐藤敬学長は1日、「本学の研究の発展に多大なる貢献をいただいた。長年の功績をたたえ、栄えある賞を心からお祝いする」との談話を出した。
 客員教授を務めたのは1989〜98年。同大によると脳神経疾患研究施設遺伝子工学部門に在籍し、分子生物学の研究指導に当たった。


関連ページ: 青森 社会

2018年10月02日火曜日


先頭に戻る