福島のニュース

<福島知事選>共産党県委員長町田氏が出馬へ

町田和史氏

 任期満了に伴う福島県知事選(11日告示、28日投開票)で、共産党県委員会など「みんなで新しい県政をつくる会」は1日、新人の同党県委員長町田和史氏(41)を擁立することを決めた。町田氏は無所属で立候補し、同党が推薦する見通し。
 知事選では、再選を狙う現職の内堀雅雄氏(54)が立候補を表明している。共産を除く与野党が支援する内堀氏に、町田氏らが挑む戦いの構図が固まった。
 県庁で記者会見した町田氏は、内堀氏の県政運営を「東京電力福島第1原発のトリチウムを含む水の処理などに関し、県民の立場で国や東電に意見を言えていない」と批判。「地域循環型経済と再生可能エネルギーの推進」「ボトムアップの県政」など七つの公約を示した。
 町田氏は埼玉県出身、福島大卒。赤旗記者、共産党県常任委員、県書記長などを経て今年2月から現職。
 知事選には白河市の自然塾経営金山屯氏(78)も立候補を表明している。


関連ページ: 福島 政治・行政

2018年10月02日火曜日


先頭に戻る