福島のニュース

<トリチウム水>基準超す放射性物質、東電が再処理の方針表明

 東京電力福島第1原発で汚染水の浄化後に残る放射性物質トリチウムを含む水の処分方法を検討する政府の小委員会が1日、経済産業省であった。トリチウム以外の放射性物質が基準値を超えて処理水に含まれている問題を巡り、東電は海洋放出などで処分する場合に多核種除去設備(ALPS)などで再処理する方針を示した。
 会合では、8月末の公聴会や書面募集で寄せられた国民の意見を処分方法、風評被害対策など8テーマに分類。処理水に含まれるトリチウム以外の放射性物質の取り扱いから議論することを確認した。
 トリチウム以外の放射性物質について、東電は敷地内のタンクに保管する処理水89万トン(8月時点)のうち8割に当たる75万トンの濃度が排水基準を上回り、最大で基準値の約2万倍に上ることを説明。「環境に放出する場合は2次処理をする」と明言した。
 委員長の山本一良名古屋大名誉教授は「処分前に再処理をするということが(処分方法を絞り込む)今後の議論の前提になる」と述べた。
 処理水の詳細状況に関する東電の従来の対応については、複数の委員が説明不足を指摘。東電が「十分にできず問題だった」と陳謝する場面もあった。
 現在の処理水の保管量は約94万トン。東電は敷地内のタンク建設は容量137万トンが限度と説明している。


2018年10月02日火曜日


先頭に戻る