広域のニュース

<東北電>火力2基の廃止延期 北海道地震で需給厳しく

 東北電力は1日、東日本大震災後に電力供給のため緊急設置し、9月に廃止を計画していた火力発電所2基の運転を延期させると発表した。北海道で地震に伴い電力需給が厳しくなったことを踏まえ、東北で需要が急増する冬場の供給力として確保する。
 廃止を延期するのは秋田5号機(秋田市、出力33万3000キロワット)と東新潟5号機(新潟県聖籠町、33万9000キロワット)。来春に廃止する見通し。
 北海道電力は火力発電所の復旧が途上にあり、東北電は同社からの冬の電力融通は期待できないとみている。東北電管内(東北6県と新潟県)では今年1月に1日当たり電力使用量が過去最高を更新したこともあり、厳冬に備える考え。
 1969年に運転を開始し、老朽化した新潟火力発電所4号機(新潟市、25万キロワット)は電源開発計画通り9月30日に廃止した。


関連ページ: 広域 経済

2018年10月02日火曜日


先頭に戻る