宮城のニュース

「#仙山映え」「#1003photo」インスタに投稿して 仙台・山形市が企画

仙山両地域の武将隊をあしらったフォトキャンペーンのチラシ(右)と仙山線マップ

 仙台市と山形市は1日、観光集客につなげようと、両市を結ぶJR仙山線沿線のお薦めスポットを写真共有アプリ「インスタグラム」で発信するフォトキャンペーンを始めた。11月末まで。きれいな景色やおいしいグルメの写真を投稿した人に抽選で、両市の名産品などを贈る。
 沿線には作並温泉、伊達家ゆかりの寺院が並ぶ北山五山、5月に日本遺産に認定された「山寺が支えた紅花文化」の構成文化財である立石寺などの観光資源が多くある。写真は検索目印のハッシュタグ「♯仙山映え」か、仙山の読みにちなんだ「#1003photo」を付けて投稿する。
 投稿者のうち、計21人に両市のカタログギフトなどをプレゼントする。
 仙台、山形両市は2016年11月に仙山圏の活性化に向けた連携協定を締結。沿線の魅力を紹介する仙山線マップを作製し、仙台や作並、山寺などの各駅で配布している。仙台市の担当者は「マップを手に仙山線に乗って仙山エリアを巡り、お気に入りの写真を撮ってほしい」とPRする。
 期間中は両市で武将隊との街歩きイベントがある。13、14日の仙台には、奥州・仙台おもてなし集団伊達武将隊が同行する。10月28日と11月11日の山形市では、やまがた愛の武将隊が案内する。各日とも定員30人。無料。仙台の街歩きは10月5日締め切り。連絡先はキャンペーン事務局022(224)5151。


関連ページ: 宮城 経済

2018年10月03日水曜日


先頭に戻る