宮城のニュース

<仙台六大学野球>福祉大、勝ち点3に

学院大−福祉大 1回1死二、三塁の好機で一飛に倒れた学院大の渡辺翔

 第4節第4日は2日、仙台市の東北福祉大球場で東北学院大−福祉大の3回戦があり、福祉大が勝って対戦成績を2勝1敗とし、勝ち点を3に伸ばした。
 福祉大は三回に中野の2点本塁打で先制。中盤も着実に加点して学院大を6−1で破った。
 第5節第1日は6日、同球場で福祉大−東北工大、学院大−東北大の各1回戦が行われる。

◎中盤に突き放す

 学院大−福祉大3回戦(福祉大2勝1敗)
学院大000000100=1
福祉大00213000×=6
(勝)三浦3試合2勝
(敗)中川4試合3勝1敗
(本)中野1号(2)(中川)

 【評】福祉大が快勝した。三回に中野の右越え2点本塁打で先制。四回は岩崎の適時打、五回は元山の犠飛などで着実にリードを広げた。学院大は中盤に投手陣が崩れ、打線も七回の1点止まり。序盤の先制機を逃したのが痛かった。

<学院大、自力優勝の可能性消滅>
 学院大は好機を生かせずに福祉大から勝ち点を奪えなかった。主将の馬目は「あと一本が出ないのが今の実力」と肩を落とした。
 初回、敵失を利して1死二、三塁の得点機をつくったが、渡辺翔、馬目が変化球にタイミングが合わず凡退した。三回も得点圏に走者を進めたものの無得点。丁寧にコースを突いてきた福祉大先発の三浦を捉え切れなかった。
 自力優勝の可能性が消えた。馬目主将は「打者が仕事をして、残り試合を全勝する」と気持ちを切り替えていた。


2018年10月03日水曜日


先頭に戻る