宮城のニュース

<B2仙台>昇格へチーム一丸 選手らホーム開幕へ決意

今季の活躍を誓うB2仙台の桶谷監督(中央)と選手たち=2日、河北新報社

 バスケットボール男子、B2仙台の選手が2日、仙台市青葉区の河北新報社を訪れ、5、6日にゼビオアリーナ仙台(太白区)であるホーム開幕戦に向けた意気込みを語った。
 選手10人と桶谷大新監督(40)らが来訪。月野雅人主将(29)は「新生ナイナーズとして夏から頑張ってきた。一丸となって戦う」と話した。チームを運営する仙台89ERSの渡辺太郎社長(39)は「1年でB1昇格を目指す。苦しいこともあると思うが、仙台を盛り上げるために頑張る」と力を込めた。
 ホーム開幕戦は昨季B1だった中地区の西宮と対戦する。5日は午後7時、6日は午後2時試合開始。仙台は9月29、30日、郡山市であった福島との開幕戦を1勝1敗で終えている。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2018年10月03日水曜日


先頭に戻る