山形のニュース

<米沢・大平温泉>秘湯でゆったり 小さな秋を発見

色づいた木々を眺めがら露天風呂を楽しむ宿泊客

 米沢市の山あいに点在する秘湯で、露天風呂から色づき始めた山々の景色が楽しめる季節になった。
 最上川源流部にある同市李山(すももやま)地区の大平温泉「滝見屋」周辺では8月下旬から木々の紅葉が始まり、常緑樹とのコントラストが目に優しく映る。今月中〜下旬が紅葉の見頃になりそうだという。
 2日はヨガの体験イベントが初めて開かれ、十数人がヨガで汗を流した後、開放的な岩風呂で秋の訪れを実感していた。
 秘湯の温泉宿は例年11月初旬から翌年4月下旬まで冬季閉鎖となる。野趣に富んだ湯と景観を楽しめるのは、あと1カ月ほどだ。


関連ページ: 山形 経済

2018年10月03日水曜日


先頭に戻る