宮城のニュース

<いちおし土産>素朴で大豆たっぷり 豆○一番町店(仙台市青葉区)の純ドーナツ

揚げたても味わえる純ドーナツ

 外はサクサク、中はしっとり。豆乳ときな粉のほのかな甘みが、口の中にじわりと広がる。
 看板商品の素朴なドーナツは豆乳にきな粉、木綿豆腐を使った大豆ずくめの一品。豆乳は月替わりで、10月は北海道産の「とよみずき」と「大袖(おおそで)の舞」のブレンド。豆腐を混ぜることで、もっちりとした食感になった。店頭に足を運べば、揚げたてを食べることもできる。
 豆○(まめまる)一番町店は、美里町の大豆卸会社「大豆カンパニー」が2017年8月にオープンした豆乳商品の販売店。大豆あんを使ったどら焼きや豆乳ソフトクリーム、豆乳スムージーも人気だ。
 9月からは卵でとじた湯葉と生湯葉をご飯に乗せた「湯葉丼」を提供しており、店内で味わえる。店長の村上藍さん(26)は「豆乳ならではのヘルシーな商品ばかり。年代を問わず、多くのお客さんに食べてほしい」と話す。

[メモ]1個130円。店頭で頼めば、その場で揚げてもらえる。店舗は仙台市青葉区一番町4の5の18。午前10時〜午後7時、不定休。連絡先は022(217)6626。同市宮城野区榴岡のJR仙台駅東口には、飲食店スタイルの「豆○東口店」もある。


関連ページ: 宮城 経済

2018年10月04日木曜日


先頭に戻る