宮城のニュース

卒業式の夜、12歳少女が暴行被害 母親「殺したいほど被告が憎い」仙台地裁裁判員裁判

 当時12歳の少女を連れ去り乱暴したとして、わいせつ目的略取と強盗強制性交の罪に問われた新潟県村上市、無職五十嵐和博被告(27)の裁判員裁判論告求刑公判が3日、仙台地裁であった。少女は東日本大震災の被災者で、事件は今年3月の小学校卒業式当日の夜に発生。母親は「殺したいほど被告が憎い」と書面で意見陳述し、検察側は同種事案では重い懲役12年を求刑した。
 意見陳述によると、少女の一家は被災して宮城県内陸部に避難し、卒業を機に古里に戻る予定だった。「(卒業式当日は)家族の記念日になるはずだった。今も親を気遣い気丈に振る舞う娘の気持ちを思うと、涙が止まらない」と心境を吐露。江口和伸裁判長が書面を朗読した。
 検察側は論告で「被害者の怒りや苦しみを想像してほしい」と裁判員に強調。被告は被告人質問で「失恋のショックで衝動的にやった」と供述し、弁護側は最終弁論で「深く反省している」と情状酌量を求めた。
 起訴状などによると、被告は3月16日夜、名取市のレンタルビデオ店の駐車場で、車内で1人で眠っていた少女を車ごと人けのない農道に連れ去って性的暴行を加え、下着を奪ったとされる。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月04日木曜日


先頭に戻る