宮城のニュース

女川を日本酒で盛り上げよう 全国各地の100種類飲み比べ 6、7日開催

 海の幸に舌鼓を打ちながら100種類以上の日本酒が楽しめるイベント「SAKETOWN in ONAGAWA」(実行委員会主催)が6、7日、宮城県女川町中心部の商業エリアで開かれる。

 県内の地酒をはじめ全国各地の日本酒を用意。酒のさかなとなる海産物や食事は、テナント型商店街「シーパルピア女川」や商業施設「ハマテラス」の各店舗で購入できる。
 企画運営は、東京で宮城の酒や食を扱っていたバー「公海」の元店主で、日本酒にまつわるイベントなどのプランナー木村光さん(43)=東京都中野区=が手掛ける。木村さんは「東日本大震災からの復興に向かう町を、日本酒を通して楽しく盛り上げたい」と意気込む。
 6日は昼の部(午前11時半〜午後3時)と夜の部(同5時半〜8時半)があり、7日は昼の部のみ。オリジナルの酒器が付いた日本酒飲み放題のチケットは前売り3240円、当日3500円。詳細はホームページhttps://nihonsyukukai.wixsite.com/saketown


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月04日木曜日


先頭に戻る