宮城のニュース

藍に愛込めて 型絵染作家の熊谷さん、大崎で8日まで個展

「愛」をテーマにした藍染め作品を説明する熊谷さん(右)

 大崎市古川の型絵染作家、熊谷友美恵さん(74)の藍染め作品を集めた個展「藍 色いろ」が、同市の松山酒ミュージアムで開かれている。8日まで。
 熊谷さんは15年前から藍染めに着手し、これまで多くの個展で作品を披露してきた。今回はアトリエに眠っていた未発表の30点を展示。「藍=愛」をテーマに「郷土愛」「地球愛」を伝える作品をそろえた。
 地元古川の祭りや岩手県のチャグチャグ馬コ、秋田県の西馬音内盆踊りといった東北の風景のほか、ロシア、ポルトガルなどの世界の遺跡や現地の人々の様子を表現する。
 ぼかし染めの技術のほか、藍色に赤色や黄色などをのせたカラフルな作品も楽しめる。
 熊谷さんは「染色するときの色の変化が楽しい。さまざまな愛情を感じて、お気に入りの作品を見つけてほしい」と話す。
 入場料は大人300円、小中高校生150円。連絡先は酒ミュージアム0229(55)2700。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月05日金曜日


先頭に戻る