宮城のニュース

<楽天>パ最優秀防御率、岸が事実上確定 プロ12年目で初

 東北楽天の岸のパ・リーグ最優秀防御率のタイトルが3日、事実上決まった。防御率2.72で、プロ12年目で初となる。3.08で2位につけていた西武の菊池(岩手・花巻東高出)が同日に出場選手登録を抹消されたため。
 岸は今季、前半戦終了時で防御率1.85と好調を維持したが、後半戦は下降傾向をたどった。9月23日のロッテ戦(楽天生命パーク宮城)では5回4失点と精彩を欠き、24日にタイトル獲得を後押しするために選手登録が抹消された。


2018年10月04日木曜日


先頭に戻る