宮城のニュース

<野球U−23日本代表>内田、西巻ら楽天から4人 19日からコロンビアで開催

 19日からコロンビアで開催される野球のU−23(23歳以下)ワールドカップの日本代表が3日、発表され、ロッテのルーキー安田尚憲内野手や東北楽天で12本塁打をマークしている内田靖人内野手ら24選手が選ばれた。2020年東京五輪で指揮を執る稲葉篤紀監督が率いる。
 東北楽天から他に新人の西巻賢二内野手ら3人が選ばれた。新人ではDeNAの桜井周斗投手もメンバー入りした。JR東日本の太田龍投手ら社会人野球の選手も5人が代表入りした。

<長打力を試したい>
 内田靖人内野手の話 自分の売りは長打力。世界の舞台でどこまで通用するかを試してみたい。
<はつらつ元気よく>
 西巻賢二内野手の話 代表選手の中で一番若いので、元気よくはつらつとしたプレーをしたい。
<いろいろ吸収する>
 堀内謙伍捕手の話 同世代のいい選手が集まる大会なので、いろいろなことを吸収したい。
<恥じないプレーを>
 近藤弘樹投手の話 初めて日の丸を背負うので代表として恥じないプレーをしたい。


2018年10月04日木曜日


先頭に戻る