宮城のニュース

初めての通信表「よく頑張ったね」 仙台の小中・1学期終業式

照れながら初めての通信表を受け取る児童=5日午前9時40分ごろ、青葉区の北仙台小

 2学期制を導入している仙台市内の全小中学校184校で5日、1学期の終業式があった。10日まで秋休みに入る。
 青葉区の北仙台小(児童468人)では全校集会があり、高橋淳校長が「みんなで仲良く過ごし、勉強もあいさつも頑張ったと思う。楽しい秋休みを過ごしてほしい」と話した。
 児童代表の5年、福地優和(ゆうな)さん(10)が1学期の活動で下級生に応援歌を指導したことを挙げ「教えることを頑張るという目標を達成できた」と振り返った。
 式の後、各教室で担任から通信表が渡された。1年3組では子どもたちが初めての通信表を受け取り、1人ずつ頑張ったことを発表した。巽美結さん(7)は「プールで潜るのが苦手だったので、学校のプールやお風呂でたくさん練習した」と笑顔を見せた。
 宮城県内の小中学校で5日に終業式を行ったのは、仙台市のほか、富谷市や川崎町などの計63校。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月05日金曜日


先頭に戻る