宮城のニュース

多彩な書400点ずらり 大河原で教室生徒の作品展

迫力のある大型の作品も並ぶ書道展

 大河原町で書道教室「華祥社」を主宰する安藤華祥さん(69)と生徒の作品展が5日、同町中央公民館で始まった。7日まで。
 教室に通う小学生から80代までの約70人の作品計約400点を展示。河北書道展などの公募展で入賞、入選した作品もある。
 作品展は12回目。安藤さんは「展示した書は漢字から近代詩文までさまざま。例年以上に力作がそろった」と話す。
 午前9時〜午後5時半(7日は午後4時まで)。6日午前11時から、教室に通う高校生3人が、ステージで大型作品を仕上げるパフォーマンスがある。連絡先は町中央公民館0224(53)4050。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月06日土曜日


先頭に戻る