宮城のニュース

<楽天>森原が好救援「ストライク先行で勝負できた」

東北楽天―日本ハム 7回から2番手で登板した東北楽天の森原=楽天生命パーク宮城

 東北楽天の2番手森原が七回を三者凡退に抑えた。最速152キロの直球と鋭く落ちるフォークボールを駆使し、太田、姫野を空振り三振。大田には8球と粘られたが、最後は直球で右飛に打ち取った。
 松井の先発転向で9月下旬に抑えを任され、救援した2試合はともに失敗。落ち込んでいる時に今江が「初球は絶対に大切だぞ」と声を掛けてくれた。その言葉を胸に投球したことで「ストライク先行で勝負できた」と振り返る。
 「はい上がってこい」という平石監督代行の期待に応え、森原は「この確率をもっと上げていきたい」と力を込めた。


2018年10月05日金曜日


先頭に戻る