宮城のニュース

<福井国体>遠藤(仙台育英高)12位 少年女子ビーム立射

ライフル射撃の少年女子ビームライフル立射(20発)で12位だった仙台育英高・遠藤

 第73回国民体育大会は4日、福井県立ライフル射撃場などで各競技が行われ、ライフル射撃の少年女子ビームライフル立射(20発)で遠藤朱梨(仙台育英高)は12位に終わった。ボウリングの少年男子団体と少年女子団体は予選で敗退した。(13面に関連記事)

<初の国体、後半に課題>
 ライフル射撃の少年女子ビームライフル立射(20発)で遠藤(仙台育英高)は207.5点で12位に終わった。8位入賞まで0.6点足りず、「後半の点数の低さが響いた」と反省を口にした。
 通常の大会は40発で、20発の種目は国体だけ。前半の10発は104.7点と調子が良かったが、後半の10発は102.8点にとどまった。「初めての国体で緊張した。後半はフォームがしっくりきてなかった」と振り返った。
 5日は本命のビームライフル立射予選(40発)に出場する。「入賞を目指したい」と前を向いた。


2018年10月05日金曜日


先頭に戻る