宮城のニュース

<B2仙台>主将の月野 チーム改革「ちょっとした意識の部分を変えていく」

ホーム開幕戦に向け熱の入った練習をする月野(右)ら

 今季の本拠地開幕戦に向け、主将の月野がチームを引き締める。相手は昨季B1で戦い、主力メンバーにほとんど変更のない西宮。今シーズンを占う2連戦への思いは強く、「自分たちのホームでもあり、勝たなければならない」と意気込んだ。
 前節の福島とのアウェー開幕戦は試合の入りの集中を欠き、星を落とした。「まだまだ甘い。自分たちの弱さが分かった試合だった」と反省する。この1週間は戦う集団となるようチーム全員に意識改革を求め、これまで以上にコミュニケーションを大事にした。
 「怒るのではなく、ちょっとした意識の部分を変えていく」。緩んでいると感じたことは指摘し、「今はシュート練習しよう」などと促す。「うっとうしいと思われても、チームが勝てればそれでいい」。小さな軌道修正にも余念がない。
 「気持ちが勝ち負けに関わる。同じことを繰り返さないようにしたい」と月野。序盤に主導権を握れるかどうか目が離せない。(射浜大輔)


2018年10月05日金曜日


先頭に戻る