宮城のニュース

<楽天>来季平石監督 GM要請を受諾

5日の試合前、コーチと話す平石監督代行(右)=仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城

 プロ野球東北楽天の石井一久ゼネラルマネジャー(GM)が5日、平石洋介監督代行(38)に来季監督の就任を要請した。平石氏は受諾した。選手出身の生え抜き監督は球団史上初となる。
 仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城で取材に応じた石井GMは「チームのストロングポイントやウイークポイントを分かっている。チームを立て直すには、その部分をしっかり見ている人が適任」と要請の理由を語った。
 平石氏は今季当初、ヘッド兼打撃コーチを務めていたが、借金20の成績不振で引責辞任した梨田昌孝監督に代わり、6月17日から監督代行を務めている。代行就任以降10月4日までの成績は35勝40敗2分け。
 平石氏は、大阪・PL学園高−同大出。トヨタ自動車から2005年、ドラフト7巡目で東北楽天入りし、11年に現役引退した。東北楽天の1軍打撃コーチ、2軍監督などを経て18年はヘッド兼打撃コーチに就任した。大分県出身。


2018年10月05日金曜日


先頭に戻る