山形のニュース

庄内の食と温泉巡り 手ぬぐいがスタンプ帖 19年DC・プレ企画開始

庄内地方のプレDCに登場した「手ぬぐいスタンプ帖」

 JRグループなどが2019年に展開する大型観光宣伝「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」を盛り上げる「プレDC」が、今月始まった。12月末まで関連行事がめじろ押しの山形県庄内地方では「手ぬぐいスタンプ帖(ちょう)」などを投入し、観光客に食や温泉巡りを楽しんでもらう仕掛けだ。
 白の木綿の手ぬぐいスタンプ帖は「出羽三山」「鶴岡」「酒田」の各文字をデザイン化して印字。温泉や日本海、庄内平野など庄内地方の魅力もそれぞれ絵で表現し、計12個の黒色のイラストを並べた。
 観光案内所や温泉旅館で1000円(税抜き)で手に入れ、余白の部分にツルや山伏、クラゲ、北前船など庄内を象徴するモチーフ計11個のスタンプを押していく仕組み。スタンプは温泉や神社など約40カ所に1個ずつ置いてある。置き場所を明かしていない「シークレットスタンプ」も1個あるという。
 スタンプのインクは温泉に浸しても消えず、モチーフごとに紫や緑、青と色を変化させ、自分だけのカラフルな手ぬぐいを作ることができる。
 主なプレDCイベントは表の通り。鶴岡市内の温泉街4カ所では、出羽三山参詣後に温泉で精進落としをする文化を意識し、各旅館が共通の夕食献立などを工夫する。
 DCは19年10〜12月、新潟県全域と庄内地方を対象に実施し「日本海美食旅」をキャッチフレーズに掲げる。


関連ページ: 山形 経済

2018年10月05日金曜日


先頭に戻る