宮城のニュース

頑張ったね1学期 仙台などの小中で終業式

1学期の終業式で元気良く校歌を歌う児童ら=5日午前9時ごろ、仙台市青葉区の北仙台小

 2学期制を導入する宮城県内の小中学校の大半で5日、1学期の終業式があった。10日まで秋休みとなる。
 仙台市青葉区の北仙台小(児童468人)では、高橋淳校長が全校集会で「みんなで仲良く過ごし、勉強もあいさつも頑張った。楽しい秋休みを過ごしてほしい」と呼び掛けた。
 児童代表の3年鈴木香穂さん(8)は1学期の活動を振り返り、「学校のお祭りで初めてお店を出した。お客さんを楽しませるために工夫した」と話した。
 式の後、子どもたちは教室で担任から通信表を受け取った。1年3組では「頑張ったこと」を発表。積極的にあいさつをしたという柳遥珂(はるか)さん(7)は「最初は恥ずかしかったけど、みんなが声を掛けてくれたので、どんどんやる気になった」と声を弾ませた。
 5日に終業式があったのは仙台、白石など4市3町の小学校158校と中学校88校。大衡村は4日に終えた。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月06日土曜日


先頭に戻る