宮城のニュース

食器やつぼ200点ずらり 亘理で陶芸教室作品展

バラエティーに富んだ陶器が並ぶ作品展

 宮城県亘理町の陶芸家紅林(くればやし)すゞ子さん(74)が主宰する陶芸教室「すゞ窯」の作品展が同町逢隈田沢の「働く婦人の家」で開かれている。8日まで。
 教室は基礎を学んだ後は自由に創作するのがモットー。日常使いの食器だけでなく、つぼやお地蔵様など生徒20人と紅林さんのバラエティーに富んだ作品約200点が並んでいる。
 作品展の開催は2年ぶり10回目。紅林さんは「見ていただくのが一番の刺激になる。多くの方に来ていただきたい」と呼び掛ける。
 午前10時〜午後5時(最終日は午後3時まで)。入場無料。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年10月07日日曜日


先頭に戻る