秋田のニュース

<金足農>吉田投手「プロでも輝く星に」地元エール

 「プロでもスターに」「秋田全体で応援する」。金足農の吉田輝星投手がプロ野球志望届の提出意向を固めたのを受け、秋田県内では5日、地域住民らがエースの新たな舞台での活躍に夢を膨らませた。
 同校最寄りのJR追分駅前でクリーニング店を営む藤原正三さん(66)は、米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(24)=岩手・花巻東高出=を引き合いに「大谷選手のようなスケールの大きさを感じる。名前の通り、輝くスターになってほしい」と話した。
 吉田投手の地元潟上市で、市営球場のグラウンド整備を担当する中田幸造さん(73)は「彼には本物の実力と天性の明るさがある。全力で応援する」と誓う。
 金足農の在校生も熱いエールを送る。3年の新保谷萌々花さん(17)は「学校の誇り。秋田県民の代表としてプロでも活躍してほしい」と期待する。
 同校には今も多くのファンが訪れる。夫婦旅行で立ち寄った大阪府茨木市の薬剤師人見守さん(69)は「甲子園の決勝は地元の大阪桐蔭ではなく、金足農を応援していた。吉田投手には人を引き付ける魅力があると思う」と絶賛した。
 今夏の秋田大会準々決勝で金足農に敗れた秋田商の太田直監督は「(吉田投手は)直球が良くて、マウンドでの度胸がある」と太鼓判を押す。「野球人口が減る中、秋田の球児たちに『自分たちもできる』と夢を与えてくれる」と語った。
 佐竹敬久知事は「ドラフト会議でどこが1位指名するのか期待が膨らむ。プロで体をつくればもっとすごい活躍ができるだろう」と声を弾ませた。


2018年10月06日土曜日


先頭に戻る