宮城のニュース

女川湾を眺めおいしい酒と魚堪能 イベント初開催

数多くの日本酒が並んだ会場

 海の幸に舌鼓を打ちながら約100種類の日本酒を楽しめるイベント「SAKETOWN in ONAGAWA」(実行委員会主催)が6日、女川町中心部の商業エリアで初めて開かれた。
 石巻市の平孝酒造が醸造する日本酒「日高見」の鏡開きでスタート。来場者はカキの浜焼きなどをつまみに、女川湾を望むテラスで好みの日本酒を堪能した。
 友人と訪れた仙台市太白区の会社員熊倉学さん(34)は「海を眺めながら、おいしい魚介と日本酒の最高の組み合わせを楽しめる。東日本大震災を経て町の風景は一変したが、また足を運びたい」と話した。
 7日は午前11時半〜午後3時。オリジナルの酒器が付いた日本酒飲み放題のチケットは3500円。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月07日日曜日


先頭に戻る