宮城のニュース

<ベガルタ>きょうホーム浦和戦

 J1仙台は7日、仙台市のユアスタ仙台でリーグ戦第29節の浦和戦に臨む。午後1時5分開始予定。5日は仙台市の紫山サッカー場で紅白戦などを行い、6日は一部非公開で最終調整した。
 第28節まで仙台は12勝5分け11敗の勝ち点41で8位。前節は横浜Mに2−5で大敗し、2連敗を喫した。4連勝中と好相性のホームで連敗ストップを狙う。梁勇基、椎橋の両MFを先発起用する可能性がある。
 浦和は11勝8分け9敗で仙台と同じ勝ち点41ながら得失点差で6位。前節は柏を3−2で破って3連勝。総失点29とリーグで4番目に少ない堅守に加え、エースのFW興梠が2戦連続ゴールでリーグ4位の13得点と好調を保つ。
 通算成績は仙台の3勝7分け11敗。2015年の第11節で引き分けて以降は6連敗中と苦手にしている。

◎前回の対戦/序盤に先制点許す

浦和 1 1−0 0 仙台
     0−0

 仙台が今季初黒星。序盤に曖昧な守備対応を相手に突かれて先制点を許し、逃げ切られた。
 前半5分、浦和の興梠にDFラインの裏を取られてパスを通され、先制ゴールを喫した。試合前に想定した4バックではなく、3バックで臨んだ相手の布陣に対応できなかった。前半30分以降はボールをつないで主導権を握ったが、後半の石原のヘディングシュートがゴール左にそれるなど決定力を欠いた。(5月7日、第6節、アウェー)


2018年10月07日日曜日


先頭に戻る