宮城のニュース

<楽天>7回を8K 則本9勝目

東北楽天−ロッテ 東北楽天先発の則本=楽天生命パーク宮城

 最多奪三振のタイトル、ほぼ手中 東北楽天の先発則本は、7回5安打1失点の快投で9勝目を挙げた。奪三振数は八つ上乗せして186で、リーグ2位の千賀(ソフトバンク)に23個差となり5年連続の最多奪三振のタイトルをほぼ手中にした。江夏豊、鈴木啓示に並ぶ大記録に「名前を並べられることがうれしいし、自分の誇り」と胸を張った。
 二回までは5安打1失点と不安定だったが、三回にフォームを修正。「意思疎通を図りながら、安心して投げられた」と5試合ぶりにバッテリーを組んだ嶋のリードで、三〜七回は無安打無四球、7奪三振と圧巻の投球を見せつけた。
 中6日で迎える今季最終戦の13日ロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)で勝てば、新人から6季連続の2桁勝利を達成する。「誰が投げればチームのためになるのか考えることが重要」と謙虚に語りながらも、「個人としては登板したい」。平石監督代行は「そうなると思う」とエースの気持ちを尊重した。


2018年10月07日日曜日


先頭に戻る