宮城のニュース

<福井国体>重量挙げ 佐藤(宮城農高)が高校新V2

重量挙げ少年男子69キロ級 スナッチで133キロの高校新記録をマークした佐藤

 第73回国民体育大会第8日は6日、福井県の小浜市民体育館などで行われ、重量挙げ少年男子69キロ級で佐藤康太郎(宮城・宮城農高)がスナッチ、ジャーク、トータルで高校新記録を出して2連覇した。

◎圧巻の試技 鍛錬実る

 圧巻の試技に会場が沸いた。重量挙げの少年男子69キロ級で佐藤(宮城・宮城農高)がスナッチ133キロ、ジャーク163キロ、トータル296キロと全てで高校新記録をたたき出し、2連覇を達成。「新記録を出すことしか頭になかった」。万雷の拍手に満面の笑みで応えた。
 「これ以上ないほど調子が良かった」。前半のスナッチは2回目で自己ベストを超える133キロにトライ。「ほぼぶっつけ本番だったが、やれると思った」。勢いも味方に成功させた。
 後半のジャークは2回目で163キロを達成して自身の高校記録を更新。福井国体を制したことで、高校1年3月からの全国タイトルを6冠に伸ばした。
 「ライバルは自分。自身の目標と常に戦ってきた」。同世代には敵がいない。自らと向き合い鍛錬を重ねた。来春大学に進学。父でもある佐藤和夫監督(48)は「あとはもう大丈夫。安心して送り出せる」と目を細める。
 来年3月の全日本ジュニアが高校最後の大会となる。「誰にも塗り替えられないような記録を出したい」。最後にまた大仕事を成し遂げるつもりだ。163センチ、普段の体重は71キロ。仙台市出身。(山本武志)


2018年10月07日日曜日


先頭に戻る