宮城のニュース

<仙台六大学野球>福祉大と学院大が先勝

 第5節第1日は6日、仙台市の東北福祉大球場で福祉大−東北工大、東北学院大−東北大の各1回戦があり、福祉大と学院大が先勝した。
 福祉大は一回に深江の適時打で先制。五回は本塁打攻勢で工大に10−3で八回コールド勝ち。学院大は先発鈴木佳が6回4安打無失点の好投で東北大を9−0の七回コールドで破った。
 第5節第2日の7日は同球場で東北大−学院大、工大−福祉大の各2回戦が行われる。

◎福祉大がコールド

 福祉大−工大1回戦(福祉大1勝)
福祉大12022111=10
工 大00000300=3
(八回コールドゲーム)
(勝)津森4試合3勝1敗
(敗)桜井4試合2勝1敗
(本)清水聖1号(2)(夏目)佐藤寿1号(3)(佐藤拓)里見1号(1)(千葉)

 【評】福祉大が八回コールド勝ち。一回に深江の中前適時打で先制。二回にも2点を追加し、五回は清水聖、七回は里見の本塁打で突き放した。工大は投手陣が崩れ、得点は六回の3点本塁打のみだった。

<吉田、4盗塁で揺さぶる>
 福祉大の吉田が4盗塁を決めて足で工大を揺さぶった。リーグトップの10盗塁に「事前の準備ができているから思い切って行ける」と胸を張った。
 一回は死球で出塁すると、2死から4番深江の2球目で二塁を陥れた。主砲の中前打で本塁生還して先制点に結び付けた。四回も一つ、六回は二盗、三盗と畳み掛ける。けん制の少ない工大投手陣につけ込んだ。
 相手投手の映像を見て投球の癖を探し、配球を分析していることが成功につながっているという。「個人記録よりもチームの勝利が優先。自分の役割を確実にこなす」と活躍を誓った。

◎鈴木佳6回無失点

 学院大−東北大1回戦(学院大1勝)
学院大0330201=9
東北大0000000=0
(七回コールドゲーム)
(勝)鈴木佳2試合1勝
(敗)谷口お4試合4敗
(本)佐藤達1号(2)(中尾)

 【評】学院大が大勝した。二回に佐藤翔の中犠飛などで3点を先取。三回は馬目、布施の適時打で3点を加えた。先発鈴木佳は6回無失点の好投。東北大は中盤、得点圏に走者を進めたが決め手を欠いた。

<学院大・鈴木佳(1年生右腕。リーグ戦初先発初勝利)>「直球とカットボールを低めに集めることができた。早い回で援護してくれた野手に感謝したい」


2018年10月07日日曜日


先頭に戻る