岩手のニュース

遠くに飛べ!鉄げた 奥州で南部鉄器まつり

鉄げたを飛ばして距離を競った大会

 伝統工芸「南部鉄器」の魅力をPRする南部鉄器まつりが6日、奥州市水沢で始まった。7日まで。
 鉄瓶や急須、風鈴を市価より安く販売する即売会のほか、文鎮やキーホルダーを作る体験コーナーが設けられた。恒例イベントの鉄げた飛ばし大会には約60人が挑み、会場を沸かせた。
 同市羽田小6年の及川智貴君(12)は小学生の部に出場し、5メートル70センチの記録で優勝した。「もうちょっと遠くに飛ばしたかったけれど、優勝できて良かった」と笑みを浮かべた。
 まつりは水沢鋳物工業協同組合などでつくる実行委員会が主催し、今年で39回目。


関連ページ: 岩手 社会

2018年10月07日日曜日


先頭に戻る