宮城のニュース

<仙台六大学野球>学院大と福祉大連勝

東北大―学院大 5回裏学院大1死二、三塁、馬目が中前に2点打を放ち、5−4と逆転する

 第5節第2日は7日、仙台市の東北福祉大球場で東北大−東北学院大、東北工大−福祉大の各2回戦があり、学院大と福祉大が連勝した。学院大は勝ち点を3に伸ばした。福祉大の勝ち点は4となった。
 学院大は五回に馬目の適時打で2点を奪って逆転し、11−4で東北大に七回コールド勝ち。福祉大は2番手椋木が3回無失点と好投するなど、4投手の継投で工大に7−1で快勝した。
 第6節第1日は13日、同球場で仙台大−工大、学院大−宮城教育大の各1回戦が行われる。

◎馬目逆転2点打

 東北大−学院大2回戦(学院大2勝)
東北大0004000 =4
学院大3000242x=11
(七回コールドゲーム)
(勝)武田1試合1勝
(敗)高橋幸2試合2敗
(本)渡辺翔1号(3)(高橋幸)関根2号(3)(中川)

 【評】学院大が逆転勝ち。3−4の五回1死二、三塁、馬目の2点中前打で試合をひっくり返し、六回は遠藤の適時打などで突き放した。東北大は四回、関根の本塁打などで逆転したが投手陣が踏ん張れなかった。

<流れ変える一打に笑顔>
 学院大は五回に逆転に成功。決勝打の馬目主将は「流れを変える一打になって良かった」と笑みを浮かべた。
 3−4で迎えたこの回、1死三塁で4番渡辺翔が敬遠された後に打席が回ってきた。「目の前で敬遠を見せられ、自分なら打ち取れると思われたのが悔しかった」。渡辺翔が盗塁で二進後、3球目の直球を中前に運んで2人を生還させた。今季はこれで10打点と勝負強さが光る。

◎中野先制三塁打

 工大−福祉大2回戦(福祉大2勝)
工 大001000000=1
福祉大20022010×=7
(勝)椋木5試合3勝
(敗)佐藤洸7試合1勝3敗

 【評】福祉大が快勝した。一回に中野の中越え三塁打などで2点を先取。四回は岩崎の適時打などで2点を追加しリードを広げた。工大は三回に1点を返すにとどまった。

<福祉大・椋木(2番手で登板し、3回2安打無失点で3勝目)>
「変化球を低めに集めることを意識していた。腕もしっかり振れていたので、打者のタイミングをうまく外すことができた」


2018年10月08日月曜日


先頭に戻る