宮城のニュース

海を見ながら「はらこめし」満喫 亘理の水産まつりにぎわう

元気のいい掛け声が飛んだミニ競り

 宮城県亘理町の荒浜漁港で水揚げされた海産物や郷土料理の「はらこめし」を味わう水産まつり(町観光協会主催)が6日、同町荒浜のわたり温泉鳥の海駐車場であった。東日本大震災からの復興が進む港町は多くの買い物客らでにぎわった。
 来場者がサケやカレイ、ヒラメを競り落とす人気コーナーの「ミニ競り」に大勢の観光客が参加。目玉の雌のサケが競りにかけられると、会場に威勢のいい掛け声が飛んだ。
 町内の約10店がはらこめしの試食を提供。来場者がそれぞれの自慢の味を楽しんだ。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年10月08日月曜日


先頭に戻る