青森のニュース

<浅瀬石川ダム>30周年祝い特別記念カード 資料館で限定配布

浅瀬石川ダム運用30周年を祝う特別記念カード

 今年で運用30周年を迎える青森県黒石市の浅瀬石川ダムの特別記念カードが、敷地内の資料館で配られている。数量限定。
 特別記念カードは縦6.3センチ、横8.7センチで、通常のダムカードと同じサイズ。新緑の山と青空が、ダム満水時の水面に鮮やかに映った写真を表面に掲載。裏面には、工事中と湛水前のダムの写真のほか、施工上のこだわりのポイントが書かれている。
 30周年記念事業の一環で11日、同市の津軽伝承工芸館でシンポジウムも開かれる。市地域おこし協力隊員ら4人によるパネルディスカッションなどが企画されており、水の利活用を通じた津軽地域の活性化策を考える。
 浅瀬石川ダムは1988年に完成し、試験運用を経て89年から運用が始まった。総貯水量5310万立方メートルで、青森県内では最大規模。


関連ページ: 青森 社会

2018年10月08日月曜日


先頭に戻る