秋田のニュース

<インバウンド>秋田の自然と食を活用した誘致考える にかほでセミナー

訪日外国人旅行者を取り巻く受け入れ態勢などを共有したセミナー

 東北への訪日外国人旅行者(インバウンド)の誘致策を探るセミナーが9月28日、にかほ市であった。秋田県内の自治体や観光業の関係者ら約100人が参加。地域に根付く自然や食文化を生かした取り組みを共有し、誘致にどうつなげていくかを考えた。
 一般社団法人東北インアウトバウンド連合(仙台市)などが主催した。
 観光関連のニュースサイト運営を手掛ける「やまとごころ」(東京)の村山慶輔社長は、海外の旅行業者の視線が地方に向き始めていると解説。「大手には地域に根差した旅の企画が難しい。地元の資源を活用した受け入れ態勢を整えてほしい」と強調した。
 農業体験や教育旅行の実践例を紹介したのは一般社団法人くりはらツーリズムネットワーク(栗原市)の大場寿樹事務局長。
 少人数で短時間の農業体験などの企画が好評といい、「講師役の地元市民の生活に無理なく取り入れるスタイルで、会員の輪が緩やかに広がっている」と話した。
 東北公益文科大(酒田市)の学生でつくる「酒田おもてなし隊」が活動を報告。観光客のインバウンド誘致に取り組む企業関係者が、にかほ市の地域資源を生かしたまちづくりについてパネル討論した。


関連ページ: 秋田 経済

2018年10月08日月曜日


先頭に戻る