宮城のニュース

自閉症の子育て体験生かし講演 25日、仙台

 障害の有無を問わずに暮らせる「共生社会」の実現を考える講演会(社会福祉法人つどいの家、同後援会主催)が25日、仙台市宮城野区文化センターシアターホールで開かれる。
 川崎市で自閉症児の通所施設を運営する「あおぞら共生会」の明石洋子副理事長が、自閉症の長男を育てた経験を踏まえ、障害があっても生活できる地域社会の在り方を問う。午前10時半、午後6時半の2回。聴講料1000円。連絡先は、つどいの家・コペル022(781)1571。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月08日月曜日


先頭に戻る