宮城のニュース

<仙台西道路>のり面に乗り上げ運転男性意識不明 病気の可能性

 9日午前8時半ごろ、仙台市青葉区川内元支倉の仙台西道路下り線の川内トンネルで、乗用車が道路脇の縁石に接触した後、トンネルの出口付近ののり面に乗り上げた。運転していた青葉区の男性(70)に外傷はなかったが、意識不明だった。
 仙台中央署は、男性が病気だった可能性もあるとみて調べている。現場は片側2車線で車両の撤去作業に伴う車線規制により、付近は約2時間渋滞した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月09日火曜日


先頭に戻る