宮城のニュース

<河北短歌大会>河北新報社賞に須賀川・鎌田さん

日本歌人クラブ協会賞を受賞する菱沼さん(左)

 第46回東北短歌大会(河北新報社、日本歌人クラブ、宮城県歌人協会主催)が8日、仙台市青葉区のエル・パーク仙台であった。最高位の河北新報社賞に鎌田清衛さん(須賀川市)の<貯蔵地にされゆく梨畑見納めと防護服の妻立ち尽くしをり>が選ばれた。
 東北各地から212首が寄せられた。2位の日本歌人クラブ賞は菱沼愚人さん(仙台市)の<ふるさとの田はさみどりの原稿紙亡き父母への感謝つづらむ>。3位の宮城県歌人協会賞は沼沢修さん(同)の<未練とはかくのごときか退職後財布にのこる名刺一枚>が選ばれた。
 大会には約120人が来場した。県歌人協会の岡本勝会長は「テーマは東日本大震災や日常を描いた多彩な歌が多い。全体的にレベルが高かった」と総評した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月10日水曜日


先頭に戻る