宮城のニュース

<女川再稼働>住民投票実現へ集会 署名4500人目標

署名活動の開始に合わせて開かれた集会

 東北電力女川原発2号機(女川町、石巻市)の再稼働の是非を問う住民投票条例制定を目指す市民団体「みんなで決める石巻の会」は8日、署名活動の展開に向け、石巻市の平和会館でキックオフ集会を開いた。
 同会によると、市内で署名集めに協力する人は8日時点で203人。県内で必要な署名は有権者の50分の1で、市内では約1500人になるが、その3倍に当たる約4500人分の署名獲得を目指す。12月2日まで市内の商業施設などで活動する予定。
 集会には市民ら約30人が参加。中山亨事務局長(74)らが署名活動の注意点などを説明した。
 中山事務局長は「原発に関心の薄い人たちが考えるきっかけになればいい。石巻市民の約8割が再稼働に反対という調査もある。来年の県議選も見据えて世論を盛り上げたい」と話す。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月10日水曜日


先頭に戻る