宮城のニュース

<奥松島オルレ>Hey!Say!JUMPがPR「ファンの力借りつつ、海外にも魅力伝えたい」

オープニングセレモニーであいさつする(左から)知念さん、八乙女さん、有岡さん

 「宮城オルレ」の奥松島コースをPRしようと、県の通年観光キャンペーンキャラクターを務めるアイドルグループ「Hey!Say!JUMP」のメンバー3人が8日、東松島市宮野森小であった開設式にサプライズで登場した。河北新報社の取材に、3人は観光振興への思いを語った。
 県出身の八乙女光さん(27)は「松島はよく行ったが、奥松島は初めて。松島とは違った海のきれいさに驚いた」と強調。知念侑李さん(24)は「自然が豊かで、島々を感じながら歩けるロケーションが最高」と話した。有岡大貴さん(27)は「空気がおいしく、風も気持ち良くて感動した」と自然を堪能した。
 同市の観光客は東日本大震災で減少し、オルレによる観光促進が期待される。
 八乙女さんは「テレビなどを通じてPRしたい」、知念さんは「会員制交流サイト(SNS)をやっている若い女性ファンの力を借りつつ、奥松島の魅力を海外にも伝えたい」と意欲を見せた。有岡さんは「季節ごとに楽しめる魅力があると思う。幅広い年齢層に発信したい」と意気込んだ。
 3人はこの日、浜辺で住民と会話を交わしたり、特産ののりうどんをオルレ参加者に振る舞ったりした。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月10日水曜日


先頭に戻る