宮城のニュース

<新聞大会>親子で感じよう新聞の魅力 あすから記念イベント

 日本新聞協会は12〜14日、第71回新聞大会(16日)の仙台開催を記念し、新聞の魅力を親子に感じてもらうイベント「ニュースペーパーキャンパス2018in仙台」を、仙台市青葉区のぶらんどーむ一番町商店街で開く。
 13、14の両日は小学生が商店を取材・撮影し、記事を書いてオリジナルの新聞に仕上げる「ワタシノ新聞づくりツアー」を実施する。
 3日間とも新聞の切り抜き体験やパズル、クイズラリーがある。河北新報と全国紙の朝刊、子ども新聞を配布し、協会加盟全紙の1面を展示する。
 フィギュアスケート男子で五輪連覇した羽生結弦選手(仙台市出身、宮城・東北高出)と、一緒に新聞に載ったかのような写真が撮れるパネルも置く。
 東北弁落語の六華亭遊花さんと、ゆるキャラ「仙台弁こけし」のトークショーは、14日正午と午後3時。
 いずれも無料。12日は午後1〜5時、13、14日は午前11時〜午後5時。連絡先は日本新聞協会03(3591)4637、期間中は電子メールkikaku@pressnet.or.jpのみ。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月11日木曜日


先頭に戻る