山形のニュース

秋のダム湖周遊・屋形船試験運航 長井で26〜28日

長井ダム湖で試験運航される屋形船

 山形県長井市の「ながい百秋湖」(長井ダム湖)で26〜28日、屋形船の試験運航がある。座敷の船内でくつろぎながら団子や弁当を味わい、紅葉に包まれたダム湖周辺の景色を楽しむツアーで、市が乗船客を募集している。
 屋形船は全長14メートル、定員40人。地元NPO法人が手掛ける週末限定のゴムボートツアーで人気スポットになっている断崖「三淵渓谷」入り口付近までの約8.5キロを40分から1時間かけて周遊する。
 26、27の両日は午前9時45分と午後1時15分、同2時45分出航の3便、28日は午前11時と午後1時15分出航の2便で、乗船客を募っている。
 二色団子付きで料金は中学生以上1500円、3歳以上小学生以下1000円、幼児は無料。昼食付きは28日の午前11時出航のみで、料金はそれぞれ500円増し。
 参加者は出航時間の45分前まで道の駅「川のみなと長井」に集合し、乗船場所までバスで移動する。連絡先はやまがた長井観光局0238(88)1831。


関連ページ: 山形 社会

2018年10月11日木曜日


先頭に戻る