福島のニュース

<福島知事選>きょう告示 現新4人出馬へ 復興の進め方など争点

 任期満了に伴う福島県知事選は11日告示される。いずれも無所属で、再選を目指す現職の内堀雅雄氏(54)に、共産党県委員長の町田和史氏(41)=共産推薦=、自然塾代表の金山屯氏(78)、会社経営の高橋翔氏(30)の新人3人が挑む構図になる見通し。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興の進め方などを軸に舌戦が交わされる。投票は28日で即日開票される。
 初日、内堀氏は福島市中心部で第一声を行い、原発事故などで大きな被害を受けた浜通り地区を巡る。原発事故からの再生と人口減少対策を掲げ、超党派の県議有志の応援も受ける。
 町田氏はJR福島駅前でマイクを握り、福島市や伊達市、川俣町を回る。浜通りに新産業を集積させる県の構想などに反対し、現在の県政に批判的な層への浸透を目指す。
 金山氏はJR福島駅前に立ち、県庁の郡山市移転などの公約をアピールする。高橋氏は県庁前での第一声後、インターネットで起業家支援などを訴える。
 内堀氏ら6人が争った2014年の前回知事選の投票率は45.85%で、過去2番目に低かった。共産党を除く各党が内堀氏を支援する相乗りの構図は前回とほぼ変わらず、投票率低下を指摘する声もある。


関連ページ: 福島 政治・行政

2018年10月11日木曜日


先頭に戻る