福島のニュース

福島県知事選告示 現新4氏が届け出、28日に投開票

福島知事選立候補者

 任期満了に伴う福島県知事選が11日告示され、いずれも無所属で、再選を目指す現職内堀雅雄氏(54)、新人の自然塾代表金山屯氏(78)、新人の会社経営高橋翔氏(30)、新人の共産党県委員長町田和史氏(42)=共産推薦=の4人が立候補を届け出た。届け出は午後5時に締め切られる。投票は28日で即日開票される。
 現在の県政に対する評価に加え、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興加速の在り方などが主な争点となる。
 内堀氏は福島市中心部の広場で第一声を上げた。「地方創生と福島復興の二つが使命だ。前例やマニュアルがない中、挑戦していくことが何より大事。挑戦の継続で福島の未来が開ける」と県政の継続を訴えた。
 町田氏はJR福島駅東口の百貨店前で行った第一声で「現在の県政は国と東電に県民の立場で物を言えていない。原発事故を経験した県民の力を信じ、声が生きるボトムアップの県政をつくろう」と呼び掛けた。
 金山氏は同市中心部で「郡山市を中心に新都心を作り、県庁を福島市から移す」と強調。高橋氏は県庁前で「現県政に納得していない人たちの票を受け止めたい」と語った。
 10日現在の有権者は161万4374人。


関連ページ: 福島 政治・行政

2018年10月11日木曜日


先頭に戻る