宮城のニュース

登米発信市民が主役 第3弾動画、市がネット公開 来訪者増へツアーも企画

完成披露発表会で壇上に上がる出演者の市民ら

 宮城県登米市は4日、市の魅力を発信するPR動画の第3弾をインターネットで公開した。2016年に製作した「Go!Hatto登米無双」、17年の「登米無双2」に続く作品で、市民が多数出演している。

 第3弾のタイトルは「アスリート四人衆と登米市の登米師!登米無双3 トメられぬ市民の愛篇」(4分30秒)。市のホームページとリンクしている特設サイトで視聴できる。
 郷土料理「はっと」を謎の集団から守る物語の続編で、最強アスリート四人衆が登米市を襲来し、市民と対決する。養豚や料理、木工、ボート競技などさまざまな職能や技能を持つ「登米師」が四人衆を迎え撃つコミカルなストーリーだ。
 県のボート場がある長沼など市内の観光地や名所で撮影された。特設サイトには魅力ある技能を持つ「登米師」に認定された市民16人も紹介されている。
 4日夜、市内で完成披露発表会があり、約200人が鑑賞した。熊谷盛広市長は「市民が主役となって市の魅力をアピールした。動画に愛着と誇りを持ってもらうとともに、登米市に行ってみたいという人が増えてほしい」と語った。
 市は1泊2日の「登米師弟子入り体験ツアー」を11月17、18日に開く。参加申し込みは特設サイトで。締め切りは10月20日。

▽Go! Hatto 登米無双
https://youtu.be/ueWeZKjb2wQ
▽登米無双2
https://youtu.be/p4qMfnJjW5U


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月12日金曜日


先頭に戻る