宮城のニュース

<鉄道の日>地下鉄彩る児童絵画 入賞作品18点展示 仙台駅

地下鉄をテーマにした作品が並ぶ絵画展

 14日の「鉄道の日」に合わせ、仙台市交通局は市地下鉄仙台駅コンコースで、市内の小学生が市地下鉄をテーマに描いた作品を紹介する「地下鉄絵画展」を開いている。28日まで。
 集まった168点のうち入賞作品18点を展示。入賞作品以外の150点はサイズを縮小してコピーで紹介している。作品には友達と地下鉄に乗る様子や、沿線の仙台城跡(青葉区)、八木山動物公園(太白区)など観光スポットが描かれている。
 最高賞の市長賞には七北田小3年羽柴柚さんと、将監中央小4年の長谷部晴俊君の2作品が選ばれた。
 交通局の担当者は「小学生に地下鉄を身近に感じてもらおうと毎年開催している。ぜひ地下鉄に乗って見に来てほしい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月12日金曜日


先頭に戻る