岩手のニュース

無農薬野菜魅力PR 花巻・農業女子と飲食店連携 17日からランチフェア

レストランでメニューの相談をする小原さん(右)

 無農薬野菜の魅力をPRしようと、岩手県花巻市の農業女性グループ「農花(のうか)アグリヴィリーノ」が、地元飲食店と連携したイベント「スペシャルランチフェア」を開催している。
 10月のフェアは17〜19日、イタリアンレストラン「レガーメ・ダ・オルト」で開く。素材の良さをプロの調理で引き立てたオリジナルメニュー(1500円)を提供する。
 グループは、安心して食べられる野菜を自分たちで作って販売しようと2016年に結成。「販売するだけでは消費者の感想が分からない」としてフェアを企画した。
 飲食店の要望で「アーティチョーク」「ケール」といった市内では珍しい野菜の栽培にも取り組むようになったという。代表の小原喜代美さん(44)は「ニーズにきめ細かく応えながら、より安全でおいしい野菜を提供したい」と話す。


関連ページ: 岩手 社会

2018年10月12日金曜日


先頭に戻る