宮城のニュース

登山中遭難か 東北大名誉教授、依然見つからず

 仙台市太白区秋保町の市秋保ビジターセンターに8日、車を止めたまま行方不明となっている同区、東北大名誉教授梶谷剛さん(71)について、仙台南署などは12日も捜索を続けたが、依然見つかっていない。
 午後2時半ごろ、センター近くの大東岳(1365メートル)西側の登山道「裏コース」付近で「人のようなものを発見した」と県警ヘリから連絡があったが、地上からたどり着けず、発見に至らなかった。
 13日は午前8時から、同署員や県警機動隊員ら計15人が裏コースを捜索する。


関連ページ: 宮城 社会

2018年10月13日土曜日


先頭に戻る