福島のニュース

<ダルライザー>ご当地ヒーローの映画、タイ国際映画祭で特別賞 制作者、市長に報告

鈴木市長に受賞を報告する和知さん(右)
白河市のご当地ヒーロー「ダルライザー」として、08年から活動する和知健明さん=2017年9月

 白河市のご当地ヒーロー「ダルライザー」の映画「ライズ−ダルライザー THE MOVIE−」がタイ国際映画祭で特別賞に当たる「ベストプロダクションデザイン賞」を受賞した。制作者でダルライザーとして活動する和知健明さん(38)が、白河市役所を訪れ、鈴木和夫市長に受賞を報告した。
 映画祭は9月14日にタイ・バンコクであった。受賞したのは長編部門で、グランプリ、監督賞に続く賞。映画祭には各国から短編、長編合わせて780作品の応募があり、34作品がノミネートされていた。
 同月28日に白河市を訪れた和知さんは「普通の人でもヒーローになれるというメッセージが世界に伝わり、評価されたことはうれしい」と喜びを語った。鈴木市長は「映画を通して白河の良さを世界に発信してほしい」と話した。
 映画は昨年夏に公開された。多くの市民が出演し、ロケのほとんどを市内で行った。同市大工町の専用ミニシアター「シネマ78(ななはち)」で上映されている。


関連ページ: 福島 社会

2018年10月13日土曜日


先頭に戻る